彦徳甲塚古墳

#46

6世紀後半築造の円墳

場所|

彦徳甲塚古墳は、墳丘の盛土部分の直径が約24mで、墳丘の周辺部との標高差(墳丘の高さ)は、北側で約6m、南側で約8mです。

また、二重の周濠があり、内側の周濠は幅5~8mで、深さは1.5~2.1m、直径は40~42m。外側の周濠は幅3~5mで、0.6~0.7m、直径は約56mです。

昭和59年7月、宅地造成を目的として違法な掘削工事が行われましたが、民間有志などの努力によってそれを阻止しました。その後公有地化され、史跡公園として整備されました。

 

彦徳甲塚古墳

住所 福岡県京都郡みやこ町彦徳873‐1
電話
時間
HP
備考